FC2ブログ

登檣礼

登檣礼をすべての人に捧ぐ・・・

誰かのための108の断片 037

親愛なる皇女マリーへ


先日あなたがお探しになっていたキーウィという鳥について、知り合いの冒険家からお話を聞いて参りました。
彼は、とある貴族からなぜキーウィには翼がないのか聞かれたことがあり、いろいろと調べたことがあるそうです。その時に聞いた神話がありますので、あなたにお話しいたします。


これは、森と神様と鳥たちのお話です。
アオテアロアの森には、タネという神様がいました。森の創造主にして守り神です。
ところがある日、その神様が困ってしまう事態が起きました。森の木がだんだん枯れ始めたのです。
神様は、自らの子である鳥たちを集め、話をしました。森が枯れたのは、地中の虫が木を食べてしまうからだ。誰か虫を退治する者はいないかと。しかし、鳥たちは黙ってしまいました。鳥が地べたを這い、虫を退治する。そんな辛いことはできないと。
すると、一羽の美しい鳥が言いました。
「私が行きましょう」
その鳥はキーウィでした。神様は言いました。地面の虫を探すためにはその美しい羽根を捧げなければならない。そして、虫を退治するためには虫を食べて生きなければならない。キーウィは言いました。
「それでも私は行きます」と。
神様は頷き、キーウィに魔法をかけました。
するとキーウィは、鮮やかな羽を失い、地の虫を食べる森の守護者となりました。神様はキーウィにいいました。
「おまえは、美しい姿と翼を失った。だが、おまえは皆に英雄として称えられ、永遠に語り継がれるだろう」



翼を失ったのは、その尊い魂の証というわけです。キーウィは正に貴族の鳥と言えるでしょう。
私もこれだけの魂を持った貴族でありたいと願います。


091119kiwi.jpg

[ 2009/11/19 18:58 ] Geschenk | TrackBack(0) | Comment(0)

誰かのための108の断片 036

~あの日あの場所にいた誰かへ贈る詩~



どこに行こうかと 街を二人で歩いて行く
西日がせまる遊歩道 ぼくはなかなか声を出せない
思い切って話しかけた その一瞬先に
きみは 街角の何かに手を伸ばす

そのくりかえし やがて日が沈む

ただ何もせず 過ごしていた休暇も
きみに会いに行くことを 考えるようになった
穴だらけだったぼくの心も
きみの近くにいると 埋まっていくのがわかるんだ

たった1ミリの距離も もったいなくて
きみの額にキスをする

何も言わないで抱いていたい
呆れられるほどに抱いていたい
消え去ることのない不安と欲望も一緒に

でも
きみの肩を抱くこともできない ぼくは臆病者のクマだから






[ 2009/11/18 00:28 ] Geschenk | TrackBack(0) | Comment(0)

職務質問されたっ!

東京駅にて。


新幹線降りて、中央線のホームへ早足で向かっていました。
私は普段から歩くの速いので、相対的にかなりのスピードで歩いてたと思います。
そしたら後ろからポンポンと肩をたたかれ・・・
振り返るとそこには2人の制服警官が。
たぶん向こうも早足で追ってきたんだと思いますが、まったく気配がしませんでした。

話を聞くと、ポーチとかポシェットにナイフを隠し持ってる人がいるので、それの確認なんだとか。
一応手持ちのポシェットの中のデジカメを自慢げに見せただけで終了しました。


ちなみに私の身なりはというと、帽子、Tシャツに革のベスト、上着、ジーパン、ウォーキングシューズ、ポケットいっぱいの旅行カバン、肩掛けのポシェット。

で、それ全部が黒でした^^;
どう見ても怪しい黒ずくめの男、と言われればそうですな。


[ 2009/11/16 23:38 ] 日記 | TrackBack(0) | Comment(2)

Rammstein

ただいま大阪のホテルにおります。ネトゲは重いので、のーひんは明日やります。
なぜ大阪にいるかと言うと、ただ休暇中ってだけなんですがね。


さておき、今、Youtubeとニコ動であるバンドの動画を見ております。
Rammsteinというドイツのバンドなんですが、今日友人に教えてもらいました。

なんというか、ガチムチでエロエロで(火炎放射器的な意味で)燃焼系なバンドです。



年齢認証の意味も込めて、動画は続きを見る以降に^^;


[ 2009/11/15 23:02 ] 音楽 | TrackBack(0) | Comment(3)

DOLで学ぶ歴史

ちょっと前のニュースで、東大の教授が歴史授業に「大航海時代 Online」を採用した実証実験を行ったというものがありました。
今日TVでそのことを紹介してたので、改めてピックアップしてみます。

たけしのニッポンのミカタ
2009年11月13日:「おもちゃは遊ぶためのモノではない!?」
http://www.tv-tokyo.co.jp/mikata/backnumber/091113.html


香川県の詫間電波高専で、日本史と世界史の授業にDOLを使い、学習効果を測定したそうです。
2週間合計200分の授業を行った結果、中間テストで平均40点弱しか取れなかったクラスが、期末テストではなんと平均70点近くまで上がったというからおどろきです!

確かにDOLは歴史に興味がなくても、自然に頭に入ってくるし、連クエなんかやってると、いろいろな繋がりが見えてきたりするので、面白いし勉強にもなりますねぇ。
冒険やってる人ならわかると思いますが、歴史(考古学)だけじゃなくて、生物も地理も、あと美術も、クエスト自体がすごくよく出来てると思います。多少の物語性を持ったところはあるものの、史実に基づいた事象で構成されてるので、よりリアリティがあって、他のRPGより魅力的に感じます。

これでまた新たな航海者が増えてくれれば嬉しいんですけどね。
私の部署はなんと半数がAIONやってるという事実…。DOLやろうぜ~!

ページ最上部へ

プロフィール

Junkers(ユンカース)

Author:Junkers(ユンカース)
DOL航海日記をメインに
仮想と現実を分け隔てなく織り交ぜ
様々な創作をしていく不定期ブログ

※昔某所で「めたふぁー」を名乗っていた人

<< DOLリンク >>

大航海時代Online公式ページ

---------------

バーボンハウス
セビリア3番商館

--------


テテの小航海時代@Eurosとか
テテさんのブログ

小吉男の小吉生活
狗鷲さんのブログ

(´・ω・`)やぁ。ようこそバーボンハウスへ。
CALBOTさんのブログ

アニスの大航海
アニス・タトリンさんのブログ

ファヤウの日記
ファヤウさんのブログ

ニュルンベルクのたまご
Neyaさんのブログ

遅いじゃないか、ミッターマイヤー・・・
ミッターマイヤーさんのブログ

fuzzy fuzzy
フィリエさんのブログ

水平線は一直線
ぴぃちさんのブログ

ハナココのアレなブログ
ハナ=ココさんのブログ

Giovinezza!
ロドリーゴ・デ・トリアーノさんのブログ

Old Rose
カスガさんのブログ

Walkureの大航海日誌
木村昌福さんのブログ

--------


管理者ページ