登檣礼

登檣礼をすべての人に捧ぐ・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

帰れる場所があるから ~中編~

薄曇のセビリアは、昨日から緊迫した空気に包まれていた。
普段は閑静な面持ちを見せている商館街も、いつもとは異なる雰囲気であった。各商会が港湾戒厳令への対策を練ろうと人を集め、さらに交易所や管理局への情報収集に走り、酒場や港での動向を観察しようと、水夫や航海者の出入りが頻繁に行われていた。

ここ3番商館も例外ではなく、各方面からの情報収集に励んでいた。

「困ったなぁ。しばらく蜂蜜とジャムの買い付けはお預けかなあ」
褐色の小娘が椅子に座って足をブラブラさせている。
「まあそんな長いこと封鎖することもないだろう。市場にも影響は出てくるからな。おい、港の状況はどうだ」
カウンターの上に腰掛け、琥珀色の瓶を手の甲でなぞりながら商会長が言った。
「相変わらずでさぁ。黒鯱とそれに随伴する艦隊が停泊したまま、動く気配はありやせん」
水夫の1人が答えた。
「それと、さっきポルトガルの豪商が艦隊引き連れて入港したって話でさぁ。このきな臭い最中に何考えてるんでしょうねえ」
「ポルトガルの豪商・・・サルミエントのことか」
赤銅髪の男がぽつりとつぶやき、さらに続けた。
「・・・いや待て、この状況で入港してきたってのはどういうことだ?」
男は商会長と顔を見合わせた。
「黒鯱の艦隊がいて、サルミエントの艦隊がいる。おまけに多国籍の戦艦が集まってるということは・・・」
「今回はちょいと危険な香りがするな。こんなに多国籍の艦船が集まってるところを見ると、オスマンへの大攻勢、それもかなりの規模で仕掛けるのかも知れん」
「オスマン帝国か・・・。地中海が火の海になるのは避けたいところだが」

ふと、外の喧騒がピタリと止んだ。一同が不思議に思い外の様子を伺おうとした瞬間、勢いよく扉が開き水夫が駆け込んできた。
「か、会長、黒鯱の旦那が来やしたぜ!」
言い終わるのと同時に、水夫の後ろから男が姿を現した。
「・・・バーボンハウス商会長はいるかな」


バルタザールは商会長とカウンターに並んで座った。目の前には琥珀色の酒が2種類置かれていた。
「隊長殿はウィスキーはお嫌いですか」
「いや、ウィスキーは特別な酒だからな。気楽に飲めるこっちで我慢しておこう。・・・今は忌々しい酒だがな」
彼はダークラムの入ったグラスを指先で弾いて見せた。
「忌々しい、とは意味深ですな。こちらにお出でになったのと何か関係がありそうですが」
「・・・ああ。実は頼みがあって来たのだ。今回ばかりは相当まずいことになっている」
表情がいつになく強張っているのを見て、周りにいた全員が一瞬息を呑んだ。
「それで、頼みというのはなんでしょう」
「・・・単刀直入に言おう。バーボンハウスの精鋭を貸してほしい」
彼は鋭い視線を商会長に向けた。そしてじっと目を見たまま続けた。
「しかし今回は大西洋の向こう側まで遠征してもらわねばならんのだ。なので今までのような数日間の随行とは訳が違う」
ラムを一気に呷って、彼はしばらく沈黙した。
「何かが始まるという予想はついていました。しかし遠征地と艦隊規模が予想以上です。もう少し詳しく聞かせてもらえませんか」
商会長が平静を装って彼に尋ねた。彼はひとつ息をつくと振り返り、商館内に集まった商会員に向かって話をはじめた。

「最近カリブ海で、海賊被害が急増しているのは皆も知っているだろう。イスパニア海軍も総動員で取り締まりにあたっているが、なかなか奴らを捉えることができない。それどころか、海軍が海賊に沈められるという失態までやらかす始末だ。それだけ大掛かりな組織ならば、アジトに関する情報が入ってもいいだろう。しかしそんな情報は一切得られないままだ。噂によると、その海賊の拠点となっているのが、各国の開拓地らしい。そしてその海賊の頭領が、あのマルナード一派ではないかと見られている」
「マルナードといったら、あの大海賊じゃないですか。なんで開拓地の役人は取締りを行わないんです?」
「ふむ。最近ヨーロッパ周辺の海洋国で、不正を働く政府高官が増えているのを耳にしたことがあるだろう。彼らは本国を追われそうになると、カリブ海の各国開拓地に逃げ込み、あっちで次々と勢力を拡大しはじめているのだ」
「つまり、その高官とマルナードが組んでカリブの制海権を広げている、ということですか」
「ああ、確証は無いがほぼ間違いないだろう。そこでカリブの広範囲を治める我がイスパニアと、黒鯱傭兵艦隊、そして各国の自由艦隊で大規模な攻勢をかけようということになった」
「黒鯱艦隊が遠征するなら相当な戦力ですよね、我々に援軍を要請する必要はないんじゃないかと」
「ああ、はじめは余裕だったさ。だがな、最悪なことに、ある国があっちの味方についてしまったんだ。・・・そう、宿敵ポルトガル海軍さ」
「なんと・・・!」
一同に緊張がはしった。イスパニアとポルトガルが敵同士になるということは、イベリアに戦火が広がる可能性が高いことを誰もが感じていた。
「もちろんポルトガルが国家を挙げて悪事に手を染めているわけではないだろう。だが一部の艦隊がすでにカリブへ向けての出港準備を整えているのは事実だ。そこにマルナードがいたことも確認している」
「なるほど。それで我々に援軍を要請しに来られた、というわけですか」
「ああ、バーボン艦隊は昔から強力な戦力として役立ってもらっている。今回も是非ともお願いをしたいところだが・・・」
バルタザールが言いよどんだ。皆、次の言葉を待ったが、彼は続けようとしない。そこで、赤銅髪の男が口を開いた。
「ポルトガル海軍と対峙するのであれば、イベリア全面戦争も避けられない。だからイスパニア国王およびイスパニア海軍の名の下に兵を動かすことはできない。となると、バーボン艦隊は黒鯱以外の庇護を受けずに出陣しなければならない。いやそれどころか、イスパニアの意向を無視した戦闘行為に及ぶ者として処罰されかねない、といったご心配があるのですな」
「・・・さすがだな。そこまで見通しているとは。無論、戦況が好ましい場合は今回の傭兵共々手厚い歓迎を受けるであろう。しかし泥沼化したときには、我々を生贄としてポルトガルの和平交渉に臨む可能性があるのだ」
「つまり、バーボンハウスの命運も共にしなければならないと・・・。それでしたらご心配には及びません。私が商会を脱退して参戦すればいいだけのこと」
商会長ははっきりと、商館に響き渡るような大きな声で告げた。
「バーボンハウスの創成期から、黒鯱艦隊にはお世話になっていると聞きます。一番困っているときに手助けをしない者が、この伝統ある商会の長と言えましょうか。商会員にとってもそうです。所属する国は違えど、イスパニアを、セビリアを愛する心は同じはずです。それを守る為に、自らの手を汚すことを厭うてはならないのです。ある人の言葉なんですが、帰れる場所があるから、強くもなれるし、弱くもなれる。それがバーボンハウスなんだそうです。私もその言葉通りだと思います。なので、帰れる場所を無くさない為にも、一旦ここを離れることを何ら恐れてはいません。なぜなら、いつだってここに帰ってくることができるから」
「言ってくれるではないか。今も昔もバーボンハウスは熱いな・・・」
バルタザールは立ち上がって商会長とがっちり握手を交わした。
「会員諸君、聞いての通りだ。私は本日を以ってこの商会を一時脱退する。そして黒鯱艦隊と共にカリブへ遠征する。共に来る者がいれば歓迎しよう。留守を預かってくれる者がいれば、それも歓迎しよう。急ぎ全商会員に伝達し、意思の確認を行う。それと・・・」
商会長は赤銅髪の男に向かって言った。
「私が不在の間あなたに商会長を任せたいのだが、頼まれてくるか」
「いいでしょう。剣よりペンのほうが私には似合っていますからね、留守の間しっかりと守っておきます」
「よし、これで思い残すことは何も無い。そうと決まればさっそく出港準備にかかるとしよう。疾風の名を汚さぬようにな!」
「大砲の準備はお任せを。バルセロナから直ちに運ばせます」
「船の耐久は大丈夫ですかい?名工なら腐るほどあるんで使ってください」
「じゃあ私は料理を提供します」
商会員たちの職人魂に一斉に火がついたかと思うと、次々と商館を出て行った。そして商館にはバルタザールと商会長だけが残された。
「さてと、バーボン艦隊には早急にサントドミンゴまで直行してもらいたい。サルミエントの艦隊はサンフアンまで直行させる。それぞれの港にはすでにいくらかの傭兵艦隊が待機しているので、彼らに合流するのがまず第一の目標だ」
「了解しました。それで、黒鯱艦隊はどのように動かれるおつもりで」
「我々はカナリア沖で一戦交えようと思う。最近は無法地帯と化しているが、あそこは自国領だ。我々が討伐に出向いても文句は無かろう。それに、カリブへの戦力集結の時間稼ぎも必要になるからな」
「くれぐれもお気をつけて」
「ああ、ではカリブで会おう。またな」






やっぱ長くなったので、後編を分けることにしました。
「おぉ、そうきたか!」と思ってもらえるような驚きの展開にできたらいいなぁ。

尚、この物語はフィクションであり、ポルトガルを批判する意図は決してありません。
イスパニアの手ごろな敵としてピッタリだったというだけです。
あとW杯でも奇しくもポルトガルとスペインがぶつかりましたしね~。


スポンサーサイト
[ 2010/06/30 23:33 ] 書き物 | TrackBack(0) | Comment(4)

帰れる場所があるから ~前編~

薄曇のセビリアは、昨日から緊迫した空気に包まれていた。
市場は休日のように静まり返り、人通りもほとんど無い。広場に集う人たちもどこか緊張感がある。酒場はというと、これまた妙なことに士官や貴族が溜まっていて、市民が堂々と酒を飲める雰囲気ではなかった。こんな状況で人々が声を押し殺して噂するのは、昨日突如として沖に現れた大艦隊のことである。

2日前、枢機卿の発した港湾戒厳令により、すべての艦船の入出航および沖合いの停泊が制限されはじめた。沖ではイスパニア海軍のフリゲートが巡視を始め、桟橋では衛兵の鋭い目が光っていた。その邪魔者が一切いなくなったかのような港の様子は、まるで大艦隊を迎え入れる準備のようである。皆がそう感じ始めた昨日の昼頃から、1隻また1隻と戦艦が寄港をはじめ、沖の一角に停泊するようになってきた。帆も艤装もまるで統一感の無い戦艦が徐々にひとつの船団になってきた頃、海峡方面から新たな船団が現れた。黒鯱の紋章を掲げた大型の戦艦や、オスマン海軍から接収したと思われる巨大なガレーまで、数は優に30隻を超えている。
船団を率いていたのはバルタザールであった。彼は上陸するとまっすぐ酒場へ向かった。


「おぉ、黒鯱の旦那の御出座しだ」
酒場にいた身なりのいい男性が、バルタザールを見て大きな声をあげた。
「早かったわね、サルミエントと一緒に着くと思っていたのに」
異国の軍服を身にまとった女性も彼の方を見て、ジョッキを掲げた。
「ふん、ディエゴのような鈍足の守銭奴と一緒にされては困る」
バルタザールは酒場の一番奥へ進み、彼のために空けてあったかのような席につき、続けざまに言った。
「それで、貴様らの精鋭とやらはどこにいるのかね。港には旗艦ばかり並んでいたようだが」
「近海で待機中だ。十隻程度の艦隊だが、戦艦が入ってるもんでな、港じゃ大きな動きが取れないんだ」
「私の艦隊はヒホンに置いてあるわ。イスパニア領以外での待機を禁止するなんていうから、ちょっと遠くになっちゃったわ」
「俺らは高速艇が揃ってるんで、セウタ待機でも問題ないんですがね。しかし旦那、なぜマディラとかラスパルマスを使わないんです?」
「ポルトガル領はダメだ。今回の一件でどっちに味方するのかわからんし、仮にこちら側につくとしても我々の動きを知られるわけにはいかん。ラスパルマスについては・・・今のカナリア諸島はイスパニア領だと思わんほうがいい」
「ふむ、よくわかりませんが、私掠の活動が活発になってるってのと関係あるんですかねぇ」
ここに集まっている人々は皆、自身の艦隊を率いているらしかった。そしてそれらを隠密裏にどこかへ集結させているらしい。
「ところで、現在までの艦隊総数と船種を知りたい。誰かまとめてあるか」
バルタザールはテーブルを囲んでいる面々を見た。
「こちらに取りまとめてあります、どうぞ」
初老の軍人が差し出した1枚の紙を手に取り、彼はそれをじっと睨みつけた。
「商船はどうしても補給艦にせねばなるまい。中型船も敵の戦術如何によってというところだが、戦列に加われるのは旗艦も含め50隻といったところか」
「精鋭といっても専業の軍人なんていませんからねえ。50隻戦えるだけでも善しとしましょうや」
「現地の敵勢力だけであれば余裕で駆逐できるであろう。問題は敵方にどれだけの援軍がつくのかということだ」
バルタザールはこの精鋭の数を以ってしても、まだ不安があったのだ。


その不安は的中した。
翌朝、未だ数名の軍人が酒場に残る中、もう1人の待ち人がやってきた。しかも最悪の情報を持って。
「遅れてすまなかったな。悪いニュースを聞いたんで、それの裏を取っていてな・・・」
「詳しく話せ、ディエゴ」
「・・・ポルトガル海軍が現地に向けて出航準備を整えている。しかも最悪の水先案内人付きでだ」
「最悪の・・・まさかマルナードか」
バルタザールは椅子から立ち上がり、ディエゴに尋ねた。彼が大きくうなずくのを見ると、再びゆっくりと椅子に腰掛けた。
「くそっポルトガルめ、マルナードなんぞと手を組みおって。・・・マルナードなどと・・・マルナードめ・・・」
バルタザールはうわごとのように男の名を繰り返した。
「マルナードといえば、南カリブを拠点としてイスパニアと競り合っているという、あの悪漢のことか」
隣にいた男がディエゴに尋ねた。
「ああ、間違いない。他にも海軍の桟橋で厄介な連中を何人も見かけたな」
「厄介な連中、ということはその裏に例の高官がいると考えていいか」
バルタザールはディエゴと目を合わせることなくつぶやいた。
「ああ、おそらく他の国でも問題になっている連中もいるんだろうな。どうするバルタザールよ、場合によっては、いやこれは確実にイベリアが火の海になるぞ」
「・・・そうなる前に、そこまで泥沼化する前に、なんとかしてみせるさ」
「しかし、こちらもすぐに出航準備を整えないと手遅れになる。現状の戦力で勝算はあるのか?」
「ある、とは言い切れん。だが援軍の当てはある。我々の戦力をも凌駕する疾風の精鋭を知っているのでな」
「ありえん。そんな即応の精鋭など、海軍をおいて他には・・・、まさかイスパニア海軍を?それともシーゴイセンに泣きつく気か?」
「ディエゴ、お前は商会というものをどのように考えているのだ。サルミエントのように交易で財を成すだけが商会ではないのだ。時には国の為、仲間の為、あるいは隣国の友人の為に戦ってこそ、その集団の真価が問われるのだ」
「そんな、香辛料を弾薬に積み替えるような商会が――」
「あるのだよ。イスパニアにはそんな頼もしい商会があるのだよ、ディエゴ」
「ううむ、そこまで言うのならお前を信じよう。時間が無い、すでに集まっている精鋭の指揮は一旦私が執る。お前は早く援軍要請に行ってこい」
「そうさせてもらおう」
バルタザールはスッと立ち上がると、入り口に向かって歩いていった。カウンターに並んだ酒瓶の中にある、琥珀色の1本に目をやると、振り返ってディエゴに言った。
「ひとつ聞いておこう。お前はポルトガル人として、こちら側にいて平気なのか?」
「くだらぬ質問だ。今回の一件は決して自国領土の拡大というシナリオでは無いようだ。それに、商人として自由貿易を守るのに何の遠慮がいるというのだ」
ディエゴはニヤリと笑った。バルタザールは顔色を変えず、そのまま酒場を後にした。





ディエゴ・サルミエントとバルタザール・オリベイラが手を組んだ。そしてセビリアに集まる世界の傭兵たち。
彼らはどこへ向かうのか・・・。
世界で今何が起きているのか・・・。
ポルトガル海軍の思惑は・・・。
そしてバルタザールの言う援軍とは。

後編をお楽しみに。長くなったら中編を挟むかも。

[ 2010/06/28 01:06 ] 書き物 | TrackBack(0) | Comment(3)

「マブラヴ」というゲーム

ミッタマさんがマブラヴをはじめるというので、1回このゲームについてきちんと語っておこうと思います。

客観的な情報については私が語るよりWikiを見たほうがいいので、ここではできるだけ主観的に書きます。
なので、猛烈な反対意見とかは控えてくださいm(_ _)m


まずはWikiを斜め読みしてきてください。じっくり読んではだめです。斜め読みでいいです。
じっくり読んでこの世界の状況を知ってしまうより、わけわからんという状態のほうが、主人公に感情移入できます。
じっくり読むのはゲームを一通りプレイしてからでOKです。


マブラヴ -Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%83%96%E3%83%A9%E3%83%B4

マブラヴ オルタネイティヴ -Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%83%96%E3%83%A9%E3%83%B4_%E3%82%AA%E3%83%AB%E3%82%BF%E3%83%8D%E3%82%A4%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%B4




ざっくり読みましたか?
準備ができたら続きをどうぞ。

[ 2010/06/23 23:35 ] 雑記 | TrackBack(0) | Comment(3)

高橋昭一という衆議院議員

兵庫4区の民主党議員で、高橋昭一(※1)という衆議院議員がおります。

毎週聴いてるwebラジオ(※2)に今回ゲストとして出演されました。
すごーく簡単に誤解があるように言うと、とあるギャルゲー(※3)について熱く語っているんです。
正しく言えば、とある物語を通して現代の政治を絡めて持論を展開する感じです。

私もこのゲームをやったんですが、ヲタク向けではなく社会人向けだなぁという印象でした。
先入観持たずにまずはラジオ聴いてみたらいいよ。



※1
高橋昭一公式HP
http://www.taka-sho.jp/

※2
âge Presents 八木たかおの荒野のコナイパー
http://kiminozo-radio.jp/

※3
全年齢版マブラヴ
http://www.muvluv.com/index.html

2593日の旅の果てに

ついに帰ってきました。
久しぶりに号泣してます。もう胸が痛い。。


各新聞社やニュースサイトはみんなトップニュースになってますねぇ。
成功したからニュースになるのはわかるけど、もっと前から追っかけて記事にしてもいいんじゃないかなぁ。
TVでも中継やってほしかったなぁ。


続きは動画。
和歌山大学の中継映像があります。
3:00あたりからゆっくりと発光して降りてくるはやぶさの姿が。
カプセルとほぼ同時に突入してきたので、1個の発光体に見えます。
ページ最上部へ

プロフィール

Junkers(ユンカース)

Author:Junkers(ユンカース)
DOL航海日記をメインに
仮想と現実を分け隔てなく織り交ぜ
様々な創作をしていく不定期ブログ

※昔某所で「めたふぁー」を名乗っていた人

<< DOLリンク >>

大航海時代Online公式ページ

---------------

バーボンハウス
セビリア3番商館

--------


テテの小航海時代@Eurosとか
テテさんのブログ

小吉男の小吉生活
狗鷲さんのブログ

(´・ω・`)やぁ。ようこそバーボンハウスへ。
CALBOTさんのブログ

アニスの大航海
アニス・タトリンさんのブログ

ファヤウの日記
ファヤウさんのブログ

ニュルンベルクのたまご
Neyaさんのブログ

遅いじゃないか、ミッターマイヤー・・・
ミッターマイヤーさんのブログ

fuzzy fuzzy
フィリエさんのブログ

水平線は一直線
ぴぃちさんのブログ

ハナココのアレなブログ
ハナ=ココさんのブログ

Giovinezza!
ロドリーゴ・デ・トリアーノさんのブログ

Old Rose
カスガさんのブログ

Walkureの大航海日誌
木村昌福さんのブログ

--------


管理者ページ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。