登檣礼

登檣礼をすべての人に捧ぐ・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

師匠のための108の断片 024

丘の上の珈琲店 -Happy Birthday-



丘の上に珈琲ショップがあって、私はそこで働いている。
彼女はいつも息を切らせて丘を上ってくる。今日も閉店間際に飛び込んできた。

私は彼女が好きだ。


「このバナナのやつが飲みたいです」
「かしこまりました。少々お待ちを」
「……」
「……どうしました?」
「……いえ、なんでもないです」

彼女はちょっと不思議そうな顔で、私の正面のカウンターに座る。

閉店間際に訪れて、手間のかかるものを注文する。
私がちょっと困った顔をするのを見るのが好きなんだろう。
でも今日は彼女のオーダーにすんなり応じてみせた。ちょっと意地悪だったろうか。
いつものように、彼女は私の顔をじっと見ている。チラッと目線を送るとあわてて私の手元に視線を移した。

今日は手間のかかるものでも、素直に注文に応じてみた。なぜなら今日は特別な日だから。
「お待たせしました」
シナモンを乗せたクリーム色のグラスを彼女の前に滑らせる。グラスの縁に小さなカードを挿んで。

「……?」
彼女はちらっと首をかしげ、そのカードを見つめる。それから私の顔を見て、とても柔らかく微笑んだ。
「知ってたんですか?」
「ええ、前にお尋ねしたことがありましたよね」
「えへへ、そうでしたっけ」

私と彼女はしばらく目線を合わせたまま、しばらく固まってしまった。

「じゃあ4日後に何かお返しをしないと」
彼女は人差し指を唇にあてて、天井を仰いだ。
「あなたも、覚えていてくれたんですね」
「覚えてましたよ。お返し、何がいいですか」
いたずらっぽく微笑む彼女と一緒に、私も天井を仰ぐ。
「それでは、いつものやつをごちそうになりましょう」
彼女に視線を戻し、軽く笑いかけてみた。


私は、彼女のことが好きなんだと思う。
そしてたぶん、彼女も。
スポンサーサイト
[ 2009/03/25 23:59 ] Geschenk | TrackBack(0) | Comment(2)
粋ですなぁ
[ 2009/03/26 08:37 ] [ 編集 ]
彼女がいればこういう粋なことは平気でやれるんですがねぇ。。
でもこういうこそばゆい感じの出来事って、実際はなかなか起こらないんですよね。
[ 2009/03/29 00:11 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL


ページ最上部へ

プロフィール

Junkers(ユンカース)

Author:Junkers(ユンカース)
DOL航海日記をメインに
仮想と現実を分け隔てなく織り交ぜ
様々な創作をしていく不定期ブログ

※昔某所で「めたふぁー」を名乗っていた人

<< DOLリンク >>

大航海時代Online公式ページ

---------------

バーボンハウス
セビリア3番商館

--------


テテの小航海時代@Eurosとか
テテさんのブログ

小吉男の小吉生活
狗鷲さんのブログ

(´・ω・`)やぁ。ようこそバーボンハウスへ。
CALBOTさんのブログ

アニスの大航海
アニス・タトリンさんのブログ

ファヤウの日記
ファヤウさんのブログ

ニュルンベルクのたまご
Neyaさんのブログ

遅いじゃないか、ミッターマイヤー・・・
ミッターマイヤーさんのブログ

fuzzy fuzzy
フィリエさんのブログ

水平線は一直線
ぴぃちさんのブログ

ハナココのアレなブログ
ハナ=ココさんのブログ

Giovinezza!
ロドリーゴ・デ・トリアーノさんのブログ

Old Rose
カスガさんのブログ

Walkureの大航海日誌
木村昌福さんのブログ

--------


管理者ページ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。