登檣礼

登檣礼をすべての人に捧ぐ・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

身の丈ほどの情報

本が読みたいです。
休みの日はもう少し睡眠時間がほしいです。
通勤1時間圏内に引っ越したいです。
短編FLASHのネタが2本あるのですが、なかなか取りかかれません。
バーボンのサイトも中途半端ですスミマセン><
手元にある断片をどうやって綴るか考え中です。
プロイセンの青年貴族は皇女に会わせる顔がないと嘆いております。
私はというと、そうでもないのですが、でもまだ孤独の壁は分厚いままで。
EC実戦能力検定、3級ですが合格しました。
8月からまた大幅な配置換えの予感。私は動くのか動かないのか。


…そんな個人的なことはどうでも良くなるくらいの機密事項、それも幹部連中の間の話とかが、ふっと私の耳に入ったりします。
そうするともうその情報の重みに耐えられなくなって、気が滅入ってしまいます。

人間ってのは、身の丈以上の情報を得ると、正常ではいられなくなる生き物なんだなと、つくづく感じました。。

カバラでおなじみの生命の樹、この絵の本質を見抜くと、その人の精神は崩壊すると聞いたことがあります。
おそらくあの絵にはそれだけの情報が詰まっているのだと、非科学的ながら真面目に思ってしまいました。



話は変わりますが、この絵の本物を見てきました。

ヤン・フェルメール「レースを編む女」

ほんとに小さい絵です。
この小さな絵に込められた「なにか」が、ものすごく大きな気がして、
それが私の身の丈以上のものである気がして、
じっくり見るのが怖くなって、そそくさと逃げてきました。

絵画のエネルギーってのは、心が弱ってるときには強烈すぎます。


スポンサーサイト
[ 2009/06/13 01:38 ] 日記 | TrackBack(0) | Comment(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL


ページ最上部へ

プロフィール

Junkers(ユンカース)

Author:Junkers(ユンカース)
DOL航海日記をメインに
仮想と現実を分け隔てなく織り交ぜ
様々な創作をしていく不定期ブログ

※昔某所で「めたふぁー」を名乗っていた人

<< DOLリンク >>

大航海時代Online公式ページ

---------------

バーボンハウス
セビリア3番商館

--------


テテの小航海時代@Eurosとか
テテさんのブログ

小吉男の小吉生活
狗鷲さんのブログ

(´・ω・`)やぁ。ようこそバーボンハウスへ。
CALBOTさんのブログ

アニスの大航海
アニス・タトリンさんのブログ

ファヤウの日記
ファヤウさんのブログ

ニュルンベルクのたまご
Neyaさんのブログ

遅いじゃないか、ミッターマイヤー・・・
ミッターマイヤーさんのブログ

fuzzy fuzzy
フィリエさんのブログ

水平線は一直線
ぴぃちさんのブログ

ハナココのアレなブログ
ハナ=ココさんのブログ

Giovinezza!
ロドリーゴ・デ・トリアーノさんのブログ

Old Rose
カスガさんのブログ

Walkureの大航海日誌
木村昌福さんのブログ

--------


管理者ページ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。