登檣礼

登檣礼をすべての人に捧ぐ・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

師匠のための108の断片 031

~皇女マリー殿へ~


ご無沙汰しております。
貴国におかれましては、流行病により多くの者が床に伏せったとの知らせが届いております。城内外におかれましても幾許かの患者がおられたのではと思い、心痛めております。


さて、先の教導隊視察、お疲れ様でございました。皇女自ら先陣に立ち教練するお姿は、下士官にとっても素晴らしき手本となったことでしょう。
隣国の貴族が申し上げるのも如何なものかと存じますが、是非とも優秀な軍隊をお育てになられますよう、お祈り申し上げております。
また、私のように教官に恵まれなかった者が、これ以上世に輩出せぬよう願うばかりでございます。

御父君であられます国王陛下におかれましても、大洋を越えての遠征に赴かれるとのこと。ご武運をお祈りするとともに、貴国の警護を離れている我が身を憂うばかりでございます。
東国に帰還しておる身ではありますが、有事とあらばいつでも馳せ参じる所存でございます故、お忘れなきよう。


さて、我が国も雨の多い季節に入り、登城の道中が重く感じられる頃となりました。
私も先の一件を含め、公私共に考えねばならぬ事柄を多く抱え、心身ともに重い日々を過ごしております。
わが筆も如何様にもおぼつかず、困り果てております。
ただ、何も書きとめず、何も伝えずにいるよりは、貴女様の嘲笑の糧にでもして頂ければと思い、こうして筆を走らせている次第でございます。

貴女様からの手紙を読む私は、どうも心穏やかでいられません。
この長い雨が終わる頃には、青空が見られるでしょうか。



~ズブロッカを抱えたプロイセンの青年貴族より~
スポンサーサイト
[ 2009/06/21 01:18 ] Geschenk | TrackBack(0) | Comment(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL


ページ最上部へ

プロフィール

Junkers(ユンカース)

Author:Junkers(ユンカース)
DOL航海日記をメインに
仮想と現実を分け隔てなく織り交ぜ
様々な創作をしていく不定期ブログ

※昔某所で「めたふぁー」を名乗っていた人

<< DOLリンク >>

大航海時代Online公式ページ

---------------

バーボンハウス
セビリア3番商館

--------


テテの小航海時代@Eurosとか
テテさんのブログ

小吉男の小吉生活
狗鷲さんのブログ

(´・ω・`)やぁ。ようこそバーボンハウスへ。
CALBOTさんのブログ

アニスの大航海
アニス・タトリンさんのブログ

ファヤウの日記
ファヤウさんのブログ

ニュルンベルクのたまご
Neyaさんのブログ

遅いじゃないか、ミッターマイヤー・・・
ミッターマイヤーさんのブログ

fuzzy fuzzy
フィリエさんのブログ

水平線は一直線
ぴぃちさんのブログ

ハナココのアレなブログ
ハナ=ココさんのブログ

Giovinezza!
ロドリーゴ・デ・トリアーノさんのブログ

Old Rose
カスガさんのブログ

Walkureの大航海日誌
木村昌福さんのブログ

--------


管理者ページ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。