登檣礼

登檣礼をすべての人に捧ぐ・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

財宝よりも輝いて -After Story-

それは私が商会管理局に就職してまもなくのことでした。


出航所で入港船舶の書類を整理していたときのことです。突然ドドーンという轟音がして、停泊中の商船のひとつが勢いよく煙を噴き上げました。沖合いを見ると、数隻の艦船が煙を吐いた砲門を突き出しながらゆっくりと旋回していました。
「ギリシャの戦艦だ!」
と、港にいたひとりが叫ぶのを聞きました。当時は東地中海がまだまだ危険な海域で、アテネには海賊が支配する商会が乱立していたのです。その中でも酒場で噂になること星の数ほどとも言われる、特に悪辣な海賊集団がありました。彼らは東地中海にとどまらず、西地中海、カナリア沖を我が物顔で駆け回っていたようです。商船にとってはオスマン帝国より恐ろしい存在だったと聞きます。ただ彼らも各国拠点、とりわけセビリアには絶対に近づかないという話だったので、私が知る限りではそのときが初めてのセビリア襲撃でした。
ドドーン、とまた何発かの轟音がして、まもなく停泊中の船近くで水柱があがる、立て続けに轟音がして、今度はドカーンという爆音とともに船体の木片が吹き飛ぶ。そんなことが何回も繰り返され、この惨事がまるで永遠に続くのではという感覚にとらわれました。
ふと我に返ると、まわりに誰の姿も見えません。同僚や港にいた人達はすっかり避難してしまい、港には私一人しか残っていませんでした。恥ずかしい話ですが、私は恐怖のあまりその場にしゃがみこんでただ震えることしかできませんでした。
そのとき、誰かが私の肩をポンと叩いたのです。振り返ると、海軍くずれのような格好をした痩せこけた男が立っていました。
「心配すんな、今蹴散らしてくらぁ」
男はそういうと、桟橋のほうへ向かって歩いていきました。桟橋には他に何人か人影も見えました。意外なことに、軍服を着ていたのはその男だけで、他の者はどこかの民族衣装をまとっていたり、豪華なドレスを着ていたり、今起きている惨状とは不釣合いな光景が、今でも鮮明に記憶に残っています。


時間にして1時間もかからなかったのではないでしょうか。惜しくも襲撃艦隊の撃沈はなりませんでしたが、先ほどの男たちは戦艦を駆使して見事撃退に成功し、何事もなかったかのように引き上げてきました。港にはまた人が戻り始め、男たちを熱烈に迎えていました。私もその人ごみの中に分け入って、彼に一言お礼を言ったんです。彼は私や周りにいた人達に向かって言いました。
「さっきのやつらはみんなも知ってのとおり、アテネの海賊だ。しかも俺んとこの商会にいたやつも混じってやがった。過去にいた商会員がこんなことをするなんて、俺も信じられない・・・」
周りの歓喜はいっせいに静まり、彼の声に皆耳を傾けていました。すると、彼の後ろから来たもう一人の男、さっき桟橋にいた中の一人が、続けて話し始めました。
「言い訳をするわけじゃないが、地中海でも名を馳せる老舗商会だ。出会いや別れなんて数え切れないほど重ねてきただろうし、決して円満な別ればかりではなかっただろう。知らぬ間に恨みを買っていたかもしれない。だがそれは彼の商会に限ったことではないし、どんなに会長が気を配っても防ぎきれるものではない。どうか彼を責めないでやってほしい。それと、彼と、彼と共に今戦ってきた者たちの、旧友に刃を向ける勇気に対して、黒鯱の隊長として敬意を表する。ありがとう、バーボンハウスの諸君。」



「その一件があってから、黒鯱の隊長はバーボンハウスに一目置くようになったと聞きます。私もそのとき決めたんです、この人の商会で働きたいと。」
「なるほどねぇ、それが秘書ラーベナルトのはじまりってわけか。その男ってのは、つまり何代か前のバーボンハウス商会長なんだな。」
「ええ、ずいぶん前に陸にあがってしまって、今は内陸の田舎町に住んでいると聞きました。」
「そうか・・・。今度、会いに行ってみたいな。」
「そのときは私もお供したいです。構いませんか?」
「ああ、一緒に行こう。この美酒を手土産にな。」

掲げられたグラスの中身が、琥珀色に輝いていた。







ミッタマさんのお題で書いてみました(・▽・)
う~ん、ちょっとベタですかね^^;
私もバーボンに入って3年半弱なので、初期のことはよく知りません。でも東地中海PKKの武勇伝は耳にしたことがあるので、こんな雰囲気かなぁと思って。

財宝よりも輝く琥珀色の液体に、数々の思い出を。



スポンサーサイト
[ 2010/03/05 23:34 ] 書き物 | TrackBack(0) | Comment(3)
おぉ。
アナゴ氏ならではのSSですな~・・・( ´∀`)
[ 2010/03/06 16:14 ] [ 編集 ]
「心配すんな、今蹴散らしてくらぁ」

この台詞はなんだか琴線に触れましたよ。
余裕を持ってふらりと行く感じがバーボンぽいですね。
いやはやご苦労様でした^^
[ 2010/03/07 23:18 ] [ 編集 ]
FLASHでバルタザールがバーボンをオススメしているのには、
こんな理由があったとかなかったとか(・▽・)

バーボンをモチーフにすると商会員に読みやすい仕上がりになりますねぇ。
[ 2010/03/08 22:36 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL


ページ最上部へ

プロフィール

Junkers(ユンカース)

Author:Junkers(ユンカース)
DOL航海日記をメインに
仮想と現実を分け隔てなく織り交ぜ
様々な創作をしていく不定期ブログ

※昔某所で「めたふぁー」を名乗っていた人

<< DOLリンク >>

大航海時代Online公式ページ

---------------

バーボンハウス
セビリア3番商館

--------


テテの小航海時代@Eurosとか
テテさんのブログ

小吉男の小吉生活
狗鷲さんのブログ

(´・ω・`)やぁ。ようこそバーボンハウスへ。
CALBOTさんのブログ

アニスの大航海
アニス・タトリンさんのブログ

ファヤウの日記
ファヤウさんのブログ

ニュルンベルクのたまご
Neyaさんのブログ

遅いじゃないか、ミッターマイヤー・・・
ミッターマイヤーさんのブログ

fuzzy fuzzy
フィリエさんのブログ

水平線は一直線
ぴぃちさんのブログ

ハナココのアレなブログ
ハナ=ココさんのブログ

Giovinezza!
ロドリーゴ・デ・トリアーノさんのブログ

Old Rose
カスガさんのブログ

Walkureの大航海日誌
木村昌福さんのブログ

--------


管理者ページ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。