登檣礼

登檣礼をすべての人に捧ぐ・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

チューリップ バブル 第1回まとめ

◆チューリップイベントの第1回まとめ◆

日時 :2007年5月2日
ルート:ヴェネツィアルート


アムス
 カロルス(球根3個)
     (先週受け取り済み)
 ↓
ヴェネツィア
 織物商:ベルベット、トルコ絨毯、オランダ更紗、ペルシャ絨毯の中から
     どれかを10箱持ってくる
     (ペルシャ絨毯をショップ買い、渡して球根+25個=28個)
 ↓
ナポリ
 恋する乙女(球根+1個=29個)
 亭主(+1個=30個)
 球根海賊(1個渡して2個もらう -1個+2個=31個)
 ↓
チュニス、ジェノバも調べたけどいない模様
 ↓
マルセイユ
 園芸家:手持ちの球根の鑑定を受ける
     (1個500㌦で12個買い取られた。残り19個)
 ↓
セビリア
 魔術師(1個渡して3個もらう -1個+3個=21個)
 ↓
リスボン
 老副官:酒場前の3人の会話について質問を受ける(+1個=22個)
     (普通の球根もらったのに、鑑定書つきと区別されない!?)
 ↓
ロンドン
 祈祷師(+1個=23個)
 愛犬家の少女(+1個=24個)
 ↓
アムステルダム
 チューリップ愛好家:鑑定を受ける
           (1個1000㌦で23個買い取られ、残り1個は球根取引手形になった。)
           (手形は使用人がお金を持ってくるまで持っててくれ、とのこと)
 先物商人:手形を50万㌦で買うと言っているが、海賊衣裳なのでちょっと・・・。


結果:球根0、球根取引手形1、換金29000㌦


◇考察
アムスで鑑定を受けるつもりなら、マルセの鑑定はスルーできればスルーしたほうが得。
愛好家の使用人はいくら持ってくるのか?
リスボンの選択肢を変えるといくつもらえるのか?
アムスの球根取引業者なら@10000㌦で売れる。全部売ってしまうのと、鑑定するのでは
はたしてどちらが得なのか・・・?




球根取引手形



あやしい商人
スポンサーサイト
[ 2007/05/02 19:36 ] 航海日記 | TrackBack(0) | Comment(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL


ページ最上部へ

プロフィール

Junkers(ユンカース)

Author:Junkers(ユンカース)
DOL航海日記をメインに
仮想と現実を分け隔てなく織り交ぜ
様々な創作をしていく不定期ブログ

※昔某所で「めたふぁー」を名乗っていた人

<< DOLリンク >>

大航海時代Online公式ページ

---------------

バーボンハウス
セビリア3番商館

--------


テテの小航海時代@Eurosとか
テテさんのブログ

小吉男の小吉生活
狗鷲さんのブログ

(´・ω・`)やぁ。ようこそバーボンハウスへ。
CALBOTさんのブログ

アニスの大航海
アニス・タトリンさんのブログ

ファヤウの日記
ファヤウさんのブログ

ニュルンベルクのたまご
Neyaさんのブログ

遅いじゃないか、ミッターマイヤー・・・
ミッターマイヤーさんのブログ

fuzzy fuzzy
フィリエさんのブログ

水平線は一直線
ぴぃちさんのブログ

ハナココのアレなブログ
ハナ=ココさんのブログ

Giovinezza!
ロドリーゴ・デ・トリアーノさんのブログ

Old Rose
カスガさんのブログ

Walkureの大航海日誌
木村昌福さんのブログ

--------


管理者ページ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。